«  2014年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年3月 7日

根尖」とは、歯の根っこ先端部分です。
 この部分が病気になってしまったものを、総称して「根尖病変」といいます。

 虫歯で神経を取った所が腫れたり、歯が割れてしまうなどの原因で細菌が感染し、膿ができたりします。
 
 自覚症状がない場合もありますが放っておくと痛みだしたり、周りの健康な歯への影響、さらには全身疾患の原因となる場合もありますので発見したら適切な対応が必要です。

 治療は、歯の内部の清掃と消毒を数回繰り返すため、通院回数が多くなることもあります。
 特に奥歯は歯の根が複数あったり複雑な形をしているため時間がかかることがあります。

 通院回数や治療時間がかかることもありますが、必ず最後まで治療をお受けください。

2014年2月14日

 麻酔の注射をするのが、痛くて苦手といわれる方は多いと思います。
 当医院では、少しでもその痛みを軽くしようと工夫をしています。

 まず麻酔の注射をする前に、ゼリー状の表面麻酔を塗ります。これにより針が刺さった時の痛みが軽減されます。

 次に麻酔液を体温に近い温度に温めます。麻酔液は通常室温保管であるため、体温より低い温度です。温めることで、温度差による痛みが少なくなります。

 注射する針は極細針を使います。通常は0.4㎜の針を使うのですが、0.2㎜の針を使います。

 そして麻酔の注射をするわけですが、1回目の注入量をほんの少しにします。
 この少しの麻酔が効いてきたら、追加の麻酔をします。
 1回目の麻酔の量が多くても痛みがあります。
 また麻酔の注入スピードも出来るだけゆっくりにします。

 しかし、麻酔が効くかどうかは麻酔方法だけではなく患者さん側の条件もあります。
 (例えば、炎症がある部位には麻酔が効き難いです。)

 痛い思いをしたくないのであれば、とにかく予防をしっかりとして虫歯や歯周病にならないようにすることが大切ですし、出来るだけ早期発見・早期治療を行うことが必要です。

歯科麻酔
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初岡歯科医院 初岡昌憲

初岡歯科医院 初岡昌憲
http://www.hatsuoka.com/

当院は、京都市下京区烏丸四条にある、祖父、父、私と3代続く歯科医院です。一般歯科から小児・予防・歯周病・インプラト・入れ歯・審美歯科治療を中心とした一般歯科診療を行っています。

当医院の基本理念は、なるべく削らず抜かない、歯を保存する治療です。ていねいで痛みの少ない治療を心がけていますが、治療後の安定した状態を長持ちさせるためにも予防が大切だと考えています。患者さんとのコミュニケーションを大切にし、生涯にわたるお付き合いしていきたいと思っています。