«  2014年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年6月12日

 妊娠中レントゲンや麻酔の影響が気になるところです。

 しかし、歯科のレントゲン放射線量が極めて少なく、虫歯もごく少量の局所麻酔ですので、赤ちゃんへの影響はまず心配ありません

 そして、妊娠中はその時期によって多少の注意が必要です。

 出来れば安定期に治療をしていただきます。
 それ以外の時期であれば、痛みが出ないようにする処置虫歯の進行を抑える処置を行います。

 妊娠している場合には必ずお知らせください。
 安全な治療をお受けいただくために必要です。

 虫歯の予防や早期発見と早期治療のため、妊娠中定期的な歯の健診が大切です。

2014年4月11日

妊娠後期から産後における治療上の注意

妊娠後期

出産を控え、子宮に血液が集まりはじめます。
そのため、治療中に貧血となる恐れがあります。
またストレスによる早産の恐れもありますので、できるだけ軽めの治療にとどめておきましょう。

産後

産後は精神的に不安定になりがちで、ストレスもたまりやすくなります。
できるだけ応急処置にとどめ、精神的に負担のないようにしましょう。
母乳への影響もありますのでお薬には注意が必要です。

以上のことをから、もし妊娠中に治療をするのなら安定期が良いと思われます。

でも、一番良いのは、妊娠中、産後に治療をする必要がないように、定期健診とメンテナスを受けていただくことです。

2014年4月 8日

妊娠中期(17週~28週くらいまで)の治療上の注意

安定期であるこの時期は、ほぼ通常通りの治療ができます。

産後はしばらく治療がしにくくなるので、すでに虫歯などがある場合には
この時期に治す
よう心がけましょう。

妊娠状況の記されている母子健康手帳を忘れずにお持ちください
治療方針は患者様の状況によって変えますので、母子手帳が大切になります。

2014年4月 4日

週数による治療上の注意

妊娠初期(16週くらいまで)

安定期に入るまでは緊張やストレスに気をつけましょう。
長い時間の治療はできるだけ避け、応急処置を中心に行います。

歯科受診前産婦人科の先生にあらかじめ相談をお願いします

必要に応じて、協力することでスムーズな診療をいたします。
特に、薬は注意が必要です。
投薬について当医院の方から産婦人科の先生に連絡させていただくこともあります。

2014年3月31日

 妊娠性歯周炎に注意

 妊娠中はホルモンの分泌が盛んになります。

 このホルモンを好む細菌が増殖し、歯周炎を引き起こすことがあります。

 これを妊娠性歯周炎といいます。

 歯周炎になると、歯ぐきが腫れたり、出血したりします。

 場合によっては早産の原因になることもありますので、しっかりとしたケアが必要です。

2014年3月28日

つわりがひどい時の歯磨き法

①時間にこだわらない
 歯磨きは食後できるだけ早くにする方がよいですが、つわりがひどい場合などは、無理をせず体調の良い時に歯を磨きましょう。

②小さめの歯ブラシを使いましょう
 大きい歯ブラシはのどを刺激しやすく、吐き気も感じやすくなります。なるべく小さめの歯ブラシを使用して、刺激を少なくしましょう。

③歯磨き粉
 歯磨き粉の匂いで気持ち悪くなることもあります。歯磨きで大切なのは、歯磨き粉の良しあしよりも、まずはしっかり丁寧に磨くこと。ですから、種類にこだわらずできるだけ香料の少ないものを選んでしっかり磨きましょう。

④下を向いて歯を磨きましょう
 歯磨きをしていると、だんだん唾が溜まってきます。唾が喉の奥に溜まると吐き気をかんじやすくなるので、下を向いて歯を磨きましょう。

2014年3月25日

 妊娠中の食生活 

 妊娠中はできるだけ歯の治療は避けたいものです。
 虫歯の大敵は甘いものと不規則な食生活

 妊娠中は甘いものが欲しくなりがちですが、甘いものを食べたいときはお菓子などを避けましょう。
 また、間食も虫歯の原因になりますので、できるだけ控えるようにしましょう。

 妊娠中は、味覚や嗅覚が敏感になり、歯磨きも怠りがちになります。
 そんな時は、無理せず、できるとき歯を磨きましょう。

妊娠中のお手入れと治療
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初岡歯科医院 初岡昌憲

初岡歯科医院 初岡昌憲
http://www.hatsuoka.com/

当院は、京都市下京区烏丸四条にある、祖父、父、私と3代続く歯科医院です。一般歯科から小児・予防・歯周病・インプラト・入れ歯・審美歯科治療を中心とした一般歯科診療を行っています。

当医院の基本理念は、なるべく削らず抜かない、歯を保存する治療です。ていねいで痛みの少ない治療を心がけていますが、治療後の安定した状態を長持ちさせるためにも予防が大切だと考えています。患者さんとのコミュニケーションを大切にし、生涯にわたるお付き合いしていきたいと思っています。